初めて来院される方へ
MENU

ホワイトニングとクリーニングの違いとは?

診療内容|ホワイトニングとクリーニングの違いについて

ホワイトニングとクリーニングの違いとは?

ホワイトニングとクリーニングの違いとは?

■ホワイトニングとクリーニングの違いとは?

 

歯の汚れを取り除く歯科処置としては、ホワイトニングとクリーニングがまず挙げられます。どちらも歯医者さんでしか受けられない処置ですが、どのような違いがあるのかはわかりにくいことかと思います。そこで今回は、ホワイトニングとクリーニングの違いについてかんたんにご説明します。

 

▼ホワイトニングは歯の漂白処置

 

ホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素からなるホワイトニング剤を用いて、歯を漂白する処置です。皆さんも衣類の洗濯の際に、しつこい汚れに対して漂白をしたことがあるかと思いますが、ホワイトニングにおける漂白もほぼそれと同じです。歯の内部にまで沈着した汚れを化学的に分解・除去できるのがホワイトニングの最大の特長です。

 

▼クリーニングは歯の表面のお掃除

 

クリーニングは、歯の表面に付着した汚れを機械的に取り除く処置です。本質的にはブラッシングと変わりませんが、処置を施すのが口腔衛生のプロフェッショナルです。また、専用の電動ブラシと研磨ペーストを使用することから、歯ブラシによるブラッシングでは落とせない汚れも、安全かつ効率良く除去することが可能です。漂白剤は使用しないため、歯の内部の汚れは取り除けません。

 

▼どちらがおすすめ?

 

クリーニングは、定期検診やメンテナンスでも行うことがある処置であり、すべての方におすすめです。単に見た目を改善するだけでなく、虫歯・歯周病予防の効果も期待できます。一方、ホワイトニングは歯の着色・変色が比較的強い方におすすめの施術法です。クリーニングでも取り除けない汚れにお困りの方は、ホワイトニングを一度試してみましょう。歯の黄ばみを大きく改善できることがあります。

 

▼まとめ

 

このように、ホワイトニングとクリーニングは、根本的に異なる歯科処置です。どちらが適しているかは、患者さまによって異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop