初めて来院される方へ

ホワイトニングをするとどうして歯が白くなるの?|下北沢の歯医者|
下北沢タウンホール前歯科・矯正歯科|土日診療

MENU

ホワイトニングをするとどうして歯が白くなるの?

診療内容|ホワイトニングで歯が白くなる仕組みについて

ホワイトニングをするとどうして歯が白くなるの?

ホワイトニングをするとどうして歯が白くなるの?

■ホワイトニングをするとどうして歯が白くなるの?

 

歯科医院で受けるホワイトニングでは、重度の着色・変色もきれいに改善することが可能です。これは歯のクリーニングや市販のホワイトニング剤とは大きく異なる点です。そこで気になるが“ホワイトニングをするとなぜ歯が白くなるのか”という点ですよね。今回はそんなホワイトニングで歯が白くなるメカニズムをわかりやすく解説します。

 

▼歯を漂白することができる

 

ホワイトニングで重度の歯の着色・変色を改善できるのは、過酸化水素や過酸化尿素からなる漂白剤を用いるからです。皆さんも洗濯の通常の洗剤では落とせない汚れを漂白剤で取り除くことがありますよね。ホワイトニングで使用する薬剤も衣類の洗濯で用いる漂白剤とほぼ同じ成分なので、しつこい沈着汚れも化学的に分解・除去することができるのです。

 

▼歯を漂白しても大丈夫?

 

漂白剤を歯に作用させるとなると、安全面が気になる方もいらっしゃることでしょう。確かに、衣類用の漂白剤も取り扱いには十分注意しなければなりません。ですから、患者さまのお口にホワイトニング剤を作用させることができるのは、歯科医師や歯科衛生士といった専門家のみとなっています。国家資格を持った医療従事者が処置を行うので、安全面も保障されています。

 

▼市販のホワイトニング剤との違い

 

市販の商品にもホワイトニング効果を謳ったものがありますが、漂白作用が期待できません。あくまで歯の表面の汚れを除去するための薬剤なので、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングとは、歯が白くなるメカニズムが根本的に異なります。個人輸入されているホワイトニング剤には一部、漂白作用が期待できるものもありますが、素人が取り扱うとさまざまなトラブルを引き起こしかねないため歯科医師からは推奨することはできません。

 

▼まとめ

 

このように、ホワイトニングで歯が白くなるのは、漂白剤による効果です。歯質の中に入り込んだステインなどを化学的に分解、除去します。そんな歯科医院で受けるホワイトニングに関心のある方は、お気軽に当院までご連絡ください。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop