初めて来院される方へ
MENU

歯科矯正の種類とそれぞれの特徴について

診療内容|歯列矯正の種類とそれぞれの特徴について

歯科矯正の種類とそれぞれの特徴について

歯列矯正の種類とそれぞれの特徴について

■歯列矯正の種類とそれぞれの特徴について

 

歯列矯正とは、歯並びの乱れを細かく整える治療法です。顎の骨の大きさや幅を改善する小児矯正とは根本的に異なる点にご注意ください。そんな歯列矯正は、ワイヤー矯正とマウスピース型矯正の2つに大きく分けることができます。

 

▼ワイヤー矯正の特徴

 

◎金属製のワイヤーとブラケットを使う矯正

 

ワイヤー矯正は、金属製の矯正用ワイヤーとブラケットを歯列に設置する矯正法です。最もポピュラーな矯正法であり、誰もがすんなりイメージできることでしょう。

 

◎ほとんどの歯並びに適応できる

 

ワイヤー矯正は比較的強い力で歯を移動させることができるため、ほとんどの歯並びに適応できます。ただ、歯の移動に伴う痛みや不快感も比較的強く、その点に苦労される方も少なくありません。

 

◎装置が目立ちやすいのが欠点

 

一般的なワイヤー矯正は、歯列の表側に装置を設置するので、矯正中であることが一目でわかります。また、歯磨きがしにくい、ここぞという時に取り外せない、食事がしにくいなどのデメリットもあります。

 

▼マウスピース型矯正の特徴

 

◎マウスピースを使う矯正

 

マウスピース型矯正は、文字通りマウスピース型の装置を装着して歯並びを整える矯正法です。装置の着脱は患者さまご自身に行っていただきます。

 

◎装置が透明で目立ちにくい

 

インビザラインに代表されるマウスピース型矯正の最大の特長は「目立ちにくい」点です。マウスピースは透明な樹脂で作られており、装着していても気付かれることがほとんどありません。

 

◎痛みや不快感が少ない

 

マウスピース型矯正は、比較的弱い力で歯を移動させるので、治療に伴う痛みや不快感も少なくなっています。その反面、適応範囲はワイヤー矯正ほど広くありません。

 

◎食事・歯磨きの際に取り外せる

 

マウスピース型矯正の装置は、食事や歯磨きの際に取り外すことができます。つまり、矯正治療を始める前と同じような生活を送ることができるのです。

 

▼まとめ

 

このように、歯列矯正にはワイヤー矯正とマウスピース型矯正があり、それぞれに異なる特徴があります。どちらを選択するか迷われている方は、まず一度、当院までご相談ください。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop