初めて来院される方へ
MENU

セラミックと銀歯の違いについて

診療内容|セラミックと銀歯の違いについて

セラミックと銀歯の違いについて

セラミックと銀歯の違いについて

■セラミックと銀歯の違いについて

 

虫歯治療の後には、失った歯質を何らかの歯科材料で補う必要があります。専門的には修復治療、補綴治療などと呼ばれるもので、保険診療であれば銀歯となることがほとんどです。ただ、最近ではセラミックの歯を選ぶ人も増えてきており、銀歯との違いについて気になる方も多いことでしょう。今回はそんなセラミック歯と銀歯の違いをかんたんにご説明します。

 

▼セラミック歯の特徴

 

◎見た目が美しい

 

セラミックは、天然の歯の色や質感、光沢、透明度などを忠実に再現することができます。装着後は天然歯と調和するため、極めて美しい仕上がりが期待できます。

 

◎身体にやさしい

 

セラミックでアレルギーが起こることはまずありません。メタルタトゥーのような歯茎の黒ずみも起こらず、身体への悪影響がほとんどない素晴らしい歯科材料といえます。

 

◎経年的な劣化がほとんど起こらない

 

セラミックは着色や変色、摩耗などの経年劣化がほとんど起こりません。とても安定した材料なので、いつまでも美しい状態を保つことも難しくありません。

 

▼銀歯の特徴

 

◎保険が適用される

 

銀歯には保険が適用されます。原則として自由診療となるセラミックよりも治療費を安く抑えることが可能です。

 

◎金属色が目立つ

 

基本的に銀歯は、奥歯に適応される人工歯ですが、やはり大きく口を開けて笑った際には、どうしても金属色が目立ってしまいます。

 

◎金属アレルギーのリスクがある

 

銀歯は、唾液や食事の熱刺激によって、金属が溶け出す傾向にあります。溶出した金属イオンが身体の中に入って抗原とみなされると、金属アレルギーを発症します。歯茎に沈着するとメタルタトゥーを生じさせます。

 

▼まとめ

 

このように、セラミック歯と銀歯にはたくさんの違いがあります。経済面を最優先に考えないのであれば、ほとんどのケースでセラミックがおすすめです。もうすでに入っている銀歯をセラミック歯に交換することも可能なので、銀歯の見た目や安全性が気になる方は、お気軽に当院までご相談ください。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop