初めて来院される方へ
MENU

抜けた歯を放置するリスク

診療内容|抜けた歯を放置するリスクについて

抜けた歯を放置するリスク

抜けた歯を放置するリスク

■抜けた歯を放置するリスク

 

虫歯や歯周病、転んだ際の外傷などによって抜けた歯は、できるだけ早く治療する必要があります。なぜなら、抜けた歯を放置することで、さまざまなリスクが生じるからです。今回はそんな抜けた歯を放置するとどのようなことが起こり得るのか、わかりやすく解説します。

 

▼そしゃく能率が低下する

 

歯が抜けることによって歯列内に欠損が生じると、そしゃく能率が著しく低下します。失った歯の本数が多ければ多いほど、その傾向は顕著です。食べ物を上手く噛めなくなり、食生活にも重大な悪影響を及ぼします。

 

▼歯並びが悪くなる

 

意外に思われるかもしれませんが、抜けた歯を放置すると歯並びが徐々に悪くなっていきます。歯列内に欠損があると、そのすき間を埋めるように残った歯が移動を始めるからです。

その結果、歯並びとかみ合わせが乱れます。こうした変化は、数ヶ月から数年かけて起こるものです。

 

▼顎の骨が痩せていく

 

抜けた歯を放置すると、その部分の骨に刺激が伝わらなくなり、だんだんと痩せていってしまいます。そうした骨吸収は元に戻すことが難しいため、可能な限り予防する必要があります。そこで必要となるのがブリッジや入れ歯、インプラントといった補綴治療です。

 

▼失った歯は人工歯で補う必要がある

 

何らかの理由で失った歯は、必ず人工歯で補うようにしましょう。治療法はいくつか選択肢がありますので、最善といえるものを歯科医師と相談しながら決めることが大切です。抜けた歯を放置した期間が長ければ長いほど、治療も難しくなる点にご注意ください。とくに顎の骨の状態が悪くなると、治療の選択肢もかなり狭くなります。

 

▼まとめ

 

このように、抜けた歯を放置することは絶対におすすめできません。上述したリスクを回避するためにも、早急に治療を受けましょう。当院までご相談いただければ、患者さまのご要望に沿った治療法をご提案いたします。補綴装置を装着することで、歯の喪失により低下した口元の審美性も回復できます。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop