初めて来院される方へ
MENU

不正咬合の種類とリスクについて

診療内容|不正咬合の種類とリスクについて

不正咬合の種類とリスクについて

不正咬合の種類とリスクについて

■不正咬合の種類とリスクについて

 

歯並びやかみ合わせに異常がある状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」と呼びます。不正咬合にはたくさんの種類があり、それぞれに異なるリスクを伴う点にご注意ください。今回はそんな不正咬合の種類とリスクについてわかりやすく解説します。

 

▼不正咬合の種類とそれに伴うリスク

 

不正咬合には、以下に挙げるような種類とリスクがあります。

 

◎上顎前突(出っ歯)

 

出っ歯である上顎前突は、上の前歯もしくは上顎骨が前方に突出した歯並び・かみ合わせです。特徴的な顔貌を呈することから、口元のコンプレックスになりやすいです。口呼吸が促されたり、発音しにくくなったりするなどのリスクを伴います。

 

◎下顎前突(受け口)

 

受け口ともの呼ばれる下顎前突は、下の前歯もしくは下顎骨が前方に突出した歯並び・かみ合わせです。“顎がしゃくれている”と表現されるように、見た目がコンプレックスになりやすいです。出っ歯と同様、発音に障害が現れることもあります。

 

◎叢生(乱ぐい歯)

 

歯列がデコボコである叢生(そうせいは)は、乱ぐい歯とも呼ばれる歯並び・かみ合わせです。見た目が悪いだけでなく、歯磨きしにくいことから、虫歯・歯周病のリスクが高まります。

 

◎開咬

 

開咬(かいこう)とは、奥歯で自然に噛んだ時に、前歯部にすき間が生じる歯並び・かみ合わせです。前歯で食べ物を噛み切れない、口呼吸が促される、奥歯に過剰な負担がかかる、といったデメリットがあります。小児期に開咬が認められた場合は、早急に対処した方が良いです。

 

◎空隙歯列(すきっ歯)

 

歯列の中に不要なすき間が存在している歯並び・かみ合わせです。上の前の真ん中にすき間が存在しているケースを特に「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼びます。空隙歯列は、発音障害が生じやすい不正咬合です。

 

▼まとめ

 

このように、不正咬合はいくつかのタイプに分類できます。歯並び・かみ合わせの異常に悩まされている方は、まずご自身がどの不正咬合に該当するのか診断する必要があります。その上で原因を特定し、最適といえる矯正法を選択します。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop