初めて来院される方へ
MENU

親知らずの抜歯のタイミング・方法について

診療内容|親知らずの抜歯のタイミング・方法について

親知らずの抜歯のタイミング・方法について

親知らずの抜歯のタイミング・方法について

■親知らずの抜歯のタイミング・方法について

 

親知らずは、トラブルの原因となりやすい歯であり、“いつかは抜かなければならない”と考えている方も多いですよね。確かに抜歯が必要となる親知らずは多いですが、必ず抜かなければならないというものでもありません。そこで今回は、親知らずを抜歯しなければならないケース、抜歯するタイミング・方法などについてわかりやすく解説します。

 

▼抜歯した方が良い親知らずの特徴

 

以下の症状や特徴が認められる親知らずは、抜歯が適応されやすいです。

 

◎親知らずが重度の虫歯・歯周病にかかっている

 

親知らずは、異常な生え方をしていることが多く、虫歯・歯周病のリスクが高いです。これらの病気を発症すると、治療してもすぐ再発してしまうため、抜歯が第一選択となりやすいのです。

 

◎親知らずが手前の歯を圧迫している

 

親知らずが斜めや真横に生えていることで、手前の歯を圧迫している場合、抜歯が適応されます。そのまま放置すると、手前の歯の歯根を溶かしたり、歯並び・かみ合わせを乱したりします。

 

▼親知らずを抜歯するタイミング

 

親知らずを抜歯するタイミングは、上述したような症状が現れた時です。あるいは、その症状が近い将来、起こり得ると判断された場合も、予防的に抜歯をすることがあります。ですから、目に見える症状が現れていなかったとしても、親知らずに気になる部分があれば、一度歯医者さんに診てもらいましょう。

 

▼親知らずの抜歯の方法

 

親知らずの抜歯は、抜歯鉗子(ばっしかんし)と呼ばれるペンチのような器具で取り除きます。抜歯をする前には必ず局所麻酔を施すため、痛みを伴うことはありません。歯の根っこが複雑な形をしていたり、イレギュラーな形で埋まっていたりする場合は、あらかじめ親知らずを分割してから抜歯することもあります。

 

▼まとめ

 

このように、親知らずの抜歯のタイミングは、虫歯・歯周病、周囲組織への悪影響など、具体的な症状が現れた時が一般的です。もちろん、ケースによっては抜歯をせずに保存することもありますので、気になる症状が現れた時点で歯医者さんを受診しましょう。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop