初めて来院される方へ
MENU

歯が黄ばむ原因とは?

診療内容|歯が黄ばむ原因とは?

歯が黄ばむ原因とは?

歯が黄ばむ原因とは?

■歯が黄ばむ原因とは?

歯の色は、年齢を重ねるごとに黄ばんでいきます。これは加齢による歯の着色・変色であり、誰にでも起こり得る変化です。ただ、歯が黄ばむ原因は他にもいくつかあり、そのメカニズムを知っておくことで、歯の着色・変色を予防することも可能です。今回はそんな歯が黄ばむ原因と対処法についてわかりやすく解説します。

 

▼歯が黄ばむ原因

 

◎食品による着色

 

コーヒーや紅茶、赤ワインなど着色性の強い食品を習慣的に口にしていると、歯が黄ばんでいきます。着色性の物質が歯に沈着するからです。カレーライスのような食べ物も要注意です。

 

◎歯の摩耗

 

私たちの歯は、表面が半透明のエナメル質で覆われており、その下に黄色味がかった象牙質が存在しています。歯ぎしりなどによって歯が摩耗すると、象牙質の色が目立つようになり、歯が黄ばみます。加齢による歯の黄ばみは、この歯の摩耗や食品による着色が合わさったものといえます。

 

◎タバコのヤニの沈着

 

喫煙習慣がある人は、タバコのヤニが歯に沈着することで歯が黄ばみます。タバコの煙は、部屋の壁や天井をあっという間に黄ばませますよね。それと同じことが歯でも起こるのです。

 

◎薬剤による変色

 

お薬の中には、歯を黄ばませるものが一部存在しています。有名なのは抗生剤である「テトラサイクリン」です。歯の発育期にテトラサイクリン系の抗生剤を服用していると、歯の変色が起こることがあります。

 

▼歯の黄ばみは予防できる?

 

上述したように、歯の黄ばみの原因は、ケースによってさまざまですが、いずれも意識することで予防が可能です。もうすでに歯が黄ばんでしまったとしても、歯のクリーニングやホワイトニング、セラミック治療などで改善することが可能です。歯の黄ばみにお困りの方は、まず一度当院までご相談ください。

 

▼まとめ

 

歯の黄ばみは徐々に進行していくため、原因がわかれば症状を改善するのも難しくありません。ですから、歯の黄ばみが気になる人は、まずその原因を突き止めることから始めましょう。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop