初めて来院される方へ
MENU

フッ素塗布の人体への影響について

診療内容|フッ素塗布の人体への影響について

フッ素塗布の人体への影響について

フッ素塗布の人体への影響について

■フッ素塗布の人体への影響について

 

どんなものでも過剰な濃度・量を身体に摂りこむと、何らかの悪影響が生じます。それは虫歯予防に効果のあるフッ素も例外ではありません。そこで気になるのが高濃度のフッ化物ジェルを使用するフッ素塗布の安全性ですよね。

 

▼フッ素塗布に使用されるフッ化物の濃度

 

歯科医院で受けることができるフッ素塗布では、9000ppm程度のフッ化物が配合されたジェルを使用します。市販の歯磨き粉に配合できる濃度が1500ppmまでなので、かなり高濃度であることがわかります。毎日使っている歯磨き粉の約6倍の濃度ですから、安全性に不安を感じるのも無理はありません。そこでまず知っておいていただきたいのが、フッ素による健康被害についてです。

 

▼フッ素は過剰に“摂取”すると有害

 

フッ素には、確かに健康被害を生じさせるリスクがあります。フッ素を過剰に摂取すると、急性中毒を引き起こすことがあるからです。けれども、それはあくまでフッ化物を“摂取”した場合に限ります。フッ素入り歯磨き粉の使用やフッ素塗布は、歯にフッ素を作用させるだけであり、身体の中に摂りこむ処置ではありません。そのため、高濃度のフッ素を作用させたとしても、健康被害が生じることはまずないのです。ただし、取り扱いを誤ると人体に悪影響を及ぼすこともあるので、歯科医師や歯科衛生士といった専門家が施術する必要があります。

 

▼歯科医院で受けるフッ素は安全

 

歯科医院で受けるフッ素塗布は、必ず歯科医師もしくは歯科衛生士が行いますので、安全性は保証されています。人体への悪影響がない形で施術するのでご安心ください。気を付けるべきなのは、市販のフッ素入りうがい薬などを使う場合です。うがいを誤って飲み込んでしまうと、身体に影響が現れることもあります。

 

▼まとめ

 

このように、プロフェッショナルが行うフッ素塗布は人体に影響はありません。万全を期した状態で施術するため、健康被害のリスクも限りなくゼロに近いです。

短期集中治療
小児歯科
インプラント
pagetop